HOME

釣況 ふぁいる Vol 274 2006/04/01

■場所 : 金沢八景 新修丸
■潮  :      ■実釣時間:7:30〜14:30    ■天候:晴れときどき 曇り
■風向き:北〜南   ■波: :なし。後半ナギ。  ■気温 :暖かくなってきた
■水温 :・・・   ■ロッド:2.4m              ■ライン:PE 20 lb、船宿仕掛け
■エサ :ドジョウ、サバ切り身、チカ
■Fish :カサゴ、メバル   ■写真: カサゴ 24cm
  
  
最近カサゴにハマり気味。
カサゴ・・もっかい行っときたい・・(渓流行きてぇけど・・・今はカサゴもね・・・)
4月1日といえば、年度替り初日。この日に休みをとれたのは10年ぶり!!
いっとこ。。カサゴ。。。
というわけで、またまた 金沢八景 新修丸さんよりカサゴ出撃となりました!!

3:40起床、4:40出発。
24h営業のスーパーで、特エサがないか見に行く・・しかし、イワシはない。。
しかたなく「チカ」を購入。さて吉とでるか。。
ガス入れて、首都高・・大黒Pで用足し。

6:30 新修丸到着。 (´ー`)y-~~

右舷みよし寄りに座を確保して、身支度。受付を済ませ、7:00・・・
あれ・・・だんだん混んできた・・え??!こんなに乗るの!?!?\(◎o◎)/! (ーー;)
右舷に12人・・・オマツリ必至。。。
出船 7:30

マズはイシモチ・・・両隣の人が上げた・・・がおいらにかからない。
アタリはあるんだが・・・ん〜〜〜〜   (ーー;)
1hもやってたろうか・・・

さて、、走水沖からカサゴ開始。。
・・シブい。。。。(ーー;) (ーー;)

しばらくしてゴツゴツ アタリ!!!

キター (;`ー´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄~   >°))))彡 

あ、、、超ミニ オニカサゴ。。。。。。。
  
  
内臓が出ていないのを確認してリリース。(オニはちっちゃくても、ドクなので、気をつけたい。)

その後、ゴツゴツ というアタリを、やっとモノにして getしました21cmカサゴ。
 
その後、第二第二海堡沖へ。

停船、投入後、すぐ ゴゴゴン!というアタリ!隣の人も。。
オマツリか・・・・?と思ったらぼくのは、カルくなった・・ハナした。。
隣の人はどんどん巻いてる。。 上げてくると・・でか! 
28cmくらい。。

食いが立ち始め、順調にカサゴが上がる・しかもデカい。。
ここで本日最長の33cmが上がる・・・デカいっす・・いいなぁ。。
と思っていると・・やっとキました!ゴゴゴン! う〜!キモチいいぞ〜!!
24cm。
  
  
普段は良型だが、33cmの前では カスんでしまう。
あぁ、でも よかった。。ボーズじゃなくて・・・
(人が多くてオマツリばかりで集中できず、一時は諦めてた・・)

このころから、けっこうあったかくなって、、春の陽気だ。陸では そろそろ満開。
海の上もいいもんだ。
  
  
しかし、両隣の人は順調に上げている。。おいらのほうには、ナカナカこない・・
けっこう良型が多い。ん〜・・おいらもデカいの釣りてぇ。。

なんか、ときどきコツコツ あたって ゴゴン! と来るときもあるが、ノらない。
両隣は順調に・・・(ーー;)

40m以上の深さだと、オマツリ 必至なので、投入時にすごく気を使う・・

(せんちょ〜、お客さんたくさん乗せているときは、仕掛け何回もキって、ライン
  トラブル解決してるんだから、仕掛け代くらいサービスしてもいいんじゃないかい?
   な・・(^_^;)  )
てなことを思いながら。でも両隣の人はイイ人でよかった。
やっぱ混んだときは隣の人と、イイコミュニケーションとらなきゃだわ・・。

第二海堡沖を丹念に流し、ここで4尾get。
そして昼過ぎになると、ぴたりとアタリがとまった。。

13:30 八景よりに大きくポイントを変え、ラストのチャンス。
ここで1尾get。しかしあまりに小さく、また内蔵も出ていないのでリリース。

そして14:30 沖上がり。 15:20 支度を整えて、帰宅。

帰りの道は、さすが4月1日だけあって、混んでいる。

買い物をして、帰宅したのは17:10ころ。

上げたサカナは全部で7尾だったが、キープは4尾。小型はない。

開いてみる。
アタマから 背開き
  
  
アタマをつけたまま。これは煮付けといこう。
  
  

比較的大型の方の2尾を塩焼き。
  
  
2尾は煮付け。