釣魚
イワシ ・ 鰯
■■ 写真:200305 佐島(エサのマイワシ)


■■ 写真:200501 佐島カタクチイワシ 別名:シコイワシ


■■ 写真:大洗トウゴロイワシ


  
■■ 釣ったところ(抜粋)  三崎  下田犬走堤防 
■■ 季節           6月        6月  
■■ タックル    5.4m渓流竿 トリックサビキ ハリ3〜4号
■■ エサ        アミブロック

 弱い魚と書く。  鰯。
 その通り、釣り上げるとけっこうスグ死んでしまう。 また、アシも早い。
 
 イワシにもいろんなのがいる。

 マイワシ・真鰯
 ウルメイワシ・潤目鰯
 カタクチイワシ・片口鰯
 トウゴロイワシ・藤五郎鰯

 マイワシ   は ニシン科 マイワシ属
 ウルメイワシ は ニシン科 ウルメイワシ属  
 カタクチイワシは カタクチイワシ科 カタクチイワシ属 
 トウゴロイワシは スズキ目 ボラ亜目 トウゴロイワシ科  ギンイソイワシ属

 
 これより細かく亜目、亜科の種別がある。
 上記はウマイ(と思う)順。

 トウゴロイワシはほとんど食べない。イワシと名前はついているが、上記のよう
 に種類がまったくちがう。 (ボラの仲間。。。)
 たしかに、ウロコは固いし、顔にてるし。 

 マイワシなんかは秋になると、すんげーデカくなる。25cmくらい。 ウマイ。

 人間が食べてもウマいのだから、サカナが食べてもウマイはず。

 そう・・ヒラメやメバルの釣りで活きエサとなる。

 近年は数が極端に少なくなって不漁が続いているらしい。
 
 堤防では初夏〜秋、だいたい釣れる。

 すぐ指でサバいて洗い、クーラーへ保管。
 または塩を振って天日でそのまま干してしまう。(丸干し・・) 
 (真夏の炎天下は オススメできない)
 
 ウチへ帰って、カラアゲ。これがうまい。
 カチカチに干して、焼いてツマミにしてもよし。

HOME