釣魚  
メバル ・ 目張 ・ (春告魚)

■■ 写真:200401 浦賀(クロメバル)、200101 京浜運河(クロメバル)、
            200001 京浜運河(クロメバル)、200501 油壺沖 (オキメバル) 
        
  
■■ 釣ったところ(抜粋)  京浜運河    久里浜  広島 草津港
■■ 季節              11〜4月  
■■ タックル           6ft  ライン 3lb
■■ ルアー           グラスミノー 1/16ozジグ

カサゴ目フサカサゴ科メバル属・・・らしい。

写真のクロいのはクロメバル。
赤いのはオキメバル(少し赤い)。
(ウスメバル、アカメバルなど、呼び方はいろいろ。)

目が大きくてかわいい。

煮付け、カラアゲ、うまし。
 
クロメバルは、湾岸のメバルをソフトルアーで狙うのが近年流行ってきている。
海を照らす外灯の光りと影の間にいて、常に上を向いている。
通りかかるベイトを「パクッ!」だ。

フライのオフシーズンに、ストリーマーなどで楽しむ人もいる。  

1996年、始めて海のルアーをこのサカナで体験。
暗闇の海に向かってキャストし、イメージだけでリトリーブするのは、けっこうなストレスだった。
しかし、慣れてみると小手先のアクションは必要なかった。
一定のタナを一定のスピードで"タダ巻き"するかがコツと判明。
ライトタックルで、夜だけ手軽に楽しめる。手軽で¥もかからない。
ビンボー人にはこれほどウレしいことはない。
ハマった・・・。
  
アクアラインの海底トンネルの屋根に 直接、ウェーディングして立ち込み、メバルゲームが
繰り広げられていたとは、トンネルを走るドライバーは想像もつかないだろぅ。
(今は立ち入り禁止か?)
HOME