釣魚
    

スズキ ・ 鱸
フッコ、セイゴ、シ−バス

 ■■ 写真:200012川崎浮島。
           200012京浜運河ホシのある幼魚。
           200401京浜運河チビチビシーバス
           200512 REAL シーバス
           
  
  ■■ 釣ったところ(抜粋) 
          川崎京浜運河     晴海
  ■■ 季節     ↓            ↓    
          12〜4月    12〜4月
             ↓           ↓    
  ■■ タックル  6〜7ft ライン8lb
             ↓           ↓
  ■■ ルアー  スライダーワーム、グラスミノー、
           アスリートレッドヘッド                       

  名前が変る出世魚。
  セイゴ ->  フッコ -> スズキ
   〜30cm     30cm〜    45cm〜
  くらいだと思う・・・。 ビシッっとした境界はない(はず)。

  ルアーマンが呼んだりすると「シーバス」。辞書によると
  「SeaBass:ハタ科の海魚。ハタ、スズキ、アラなど」

  幼魚のうちは「ホシ」の出るものもいる。(写真参照)

  冬〜春先にかけて湾岸(海側) 初夏には小アユなんかを追って遡上。
  荒川、多摩川の 一つ目の堰の下にたたくさんのシーバスがタマる
  というウワサ。(実際釣れてます・・・)
  
  ちょっと行きたいと思ったとき、夜中だけ、湾岸をRun&Gun!!
  お手軽に楽しめる。
 
  主に活動は夜なので、夜ヅラー となる。
  川崎の浮島、東扇島、千鳥町公園あたりをメインに攻めます。
  いるところに出会えば、入れパク!
  特に、3月〜4月のバチヌケ(ゴカイが殻を破って泳ぎ出す)の
  シーズンはスライダーワームで一発!。

  メバルが目当てで釣行するとと、子シーバスが釣れたりもする。
  (親シーバスも出てくる)
  晴海やお台場でも狙える。
  ただし、夜の埠頭公園 はカップルがいっぱい。
  ロンリーアングラーは、そのフンイキに耐えられるか・・・?

  掲載は「マルスズキ」。
  他に「ホシスズキ」「ヒラスズキ」がいる。

  ホシスズキは中国産で、成長が早いため輸入されたものが自然繁殖
  しているというハナシです。(四国のほう・・)

  ヒラスズキ のポイントは磯。
  98年・・Fが伊豆へ行き、同行者が上げた90cmのヒラスズキは
  すんげーキレイ!! 鱗は「鎧」のようだった!
  (ウマかった・・)       
    
HOME